思考停止をやめて、思考を継続しよう

思考することで大切な事は

「目的」と「意識」だと思う。

 

英語は「手段」であって「目的」ではない。

話すことは「手段」であって「目的」ではない。

 

どちらも「伝わる」ことが目的のはずだ。

テレパシーでもいから意図が伝わればいいはず。

 

手段を目的化した時に間違いがはじまる。

 

僕ら私らのツナグバサンカクは

独自ドメインでホームページも持っているし、

Facebookページも持っているし、

メールマガジンも発行しているし、

Youtubeに動画チャンネルもある。

 

ただし、これらは全て「手段」にすぎず、

「目的」ではない。

 

大切な事は「目的」

そしてこれが「手段」なのか「目的なのか」

それを意識することが考える事では大切だと思う。

 

日本人の言語形態から考えて

問題を深く掘り下げる事は多少ハードルが高いのかもしれない。

 

しかし、それを考えて原因を突き詰めて行動しなければ

問題は解決されずいつまでも残る事になる。

 

思考停止してはならない。

 

なぜ?と何が?

という思考のクセをつけることが大切。

「無意識の意識化」

 

そう改めて思わせてくれる最近でした。

社会人になってからの

学びは人生を創る

 

私は「新しいステージ」に立つ人を育成していきたい。講師歴10年、2009年より職業訓練や企業研修を中心に年間100回以上登壇し続けており「本質を突くシンプルな指導」により受講生から「理解しやすい」「やる気がでる」という評価を得ています。

 

<詳細なプロフィール>