自分にご褒美?投資?

今日はクリスマスイヴ。

カトリック信者の私はミサに行く、と思います。

 

そしてこれから年末年始になってくると

何かしら

 

「自分にプレゼント」

 

したくなる人が増えてくる。

 

だいたいにして言えるが

お金の使い方は

 

「消費」か「投資」しかないもの。

ご褒美は間違いなく「消費」だろう。

 

社会人は仕事の後と週末をどう使うかで

3年後の自分が大きく変わると思う。

 

個人的におすすめするのは手取りの5%を投資する。

手取りが20万円で1万円だ。

 

意識的に1か月に1万円を「投資」に使う内訳は

 

1週間に本を1冊(1500円を想定)×4=6000円

それにセミナーや異業種交流会に4000円

 

本を月2冊ならセミナー等に7000円かけられることになる。

 

1年間で投資額12万円

読んだ本、4×12=48冊

参加セミナー数、参加費次第

 

どうだろうか?

 

何もしない人と”確実”に

1年間で”格段”の差がつくと思うが。

3年やれば言うまでもない差がつく。

 

今の時代、自己投資や教育以上の確実な投資はない。

自身が成長すれば魅力があがり、稼ぐ力だって上がるからだ。

 

何の本を読めばいいかわからない人。

まず本屋に行ってみましょう。

 

その際

 

「世の中にうまい話はない」

 

という事だけ頭にいれておけば

胡散臭い本に騙されることはないでしょう。

 

ちなみに「7つの習慣」は基本です。

社会人になってからの

学びは人生を創る

 

私は「新しいステージ」に立つ人を育成していきたい。講師歴10年、2009年より職業訓練や企業研修を中心に年間100回以上登壇し続けており「本質を突くシンプルな指導」により受講生から「理解しやすい」「やる気がでる」という評価を得ています。

 

<詳細なプロフィール>