金子マモルのプロフィール

1978年、長崎県生まれ。長崎総合科学大学大学院で情報・認知心理を専攻。
放送局の事業局事業広報部を経て、2009年フリーランスの講師として独立。
講師歴10年、2009年より職業訓練や企業研修を中心に年間100回以上登壇し続けており、
「本質を突くシンプルな指導」により受講生から
「理解してやる気になる」「自分に必要なものが何なのかわかった」など抜群の評価を得る。

2011年厚生労働省委託のひとり親在宅就業支援事業で教育プロデューサーに就任。
同年に幅広く社会人に学びを提供するためにサンカクスタジオを設立。
翌年ツナグバサンカクに移行。


得意分野は「伝えること」。言葉で伝えるプレゼンテーション、文字で伝えるキャッチコピー、全ての要素を含んだ「コンセプト型名刺」を開発。
個人事業をはじめる人向けにビジネスコンセプトメイクも行い、
主に起業家・経営者向けから支持を集める。

想いをカタチにするために様々なイベントの企画、運営に協力。
独自にも文房具ファンの集うイベント「よかよか文具会」を主宰。
東京、大阪、福岡のイベントにも参加し、TV、ラジオ、新聞、ネット媒体に取材され、
文房具好きをつなぐ活動をしている。

社会人になってからの

学びは人生を創る

 

私は「新しいステージ」に立つ人を育成していきたい。講師歴10年、2009年より職業訓練や企業研修を中心に年間100回以上登壇し続けており「本質を突くシンプルな指導」により受講生から「理解しやすい」「やる気がでる」という評価を得ています。

 

<詳細なプロフィール>